奥行40cmの共和国

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶にはニホンの話を・・・ - Kato パワーパックスタンダード何某 -

<<   作成日時 : 2017/11/15 06:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0


聞かせてくれよ。


ちょっと友人より、
そんなメールを貰ったので。

丁度、気になる事があったし、
こっちでも慣れないコトをしてみようとがさがさ。


あ。

いきなり天麩羅揚げたり、
蕎麦とか打ち出したりしないので。

見に来てくださった方々、
ご安心下さいませ。

"鉄道模型"の話でございます。


-----


KatoのパワーパックスタンダードS。

画像


ここでは
車輌の調整や、
本線の部分通電テストなど、
整備作業の電力を司る大切な仲間(達)。

スロットルは作業中に
ぱっと使いやすい様、交換してある。



日本型、
特にNゲージをやっているヒトは
とっくに知っていると思うけれども、
このスタンダードSが"SX"としてモデルチェンジする。

Katoの製品ページを見ると、
出力アップが行われ、
特に"HO用"とされているアダプターを使えば
実効16V。

中々良さそう・・・
発売されたら買ってみようとか思いつつ
仕様を読んでいたら、外国型専門としては気になる事が。

「 パルス式 」
「 常点灯機能の搭載 」


・・・・・・・


ここから先は外国型・・・
それも外国"製"鉄道模型をやっているヒトしか
恐らく関係無いだろう。



走行出力に
"向こうで想定外の"シグナルを載せない/使わない。


外国型専門の場合、
誰に言われると無く、避けているヒトも多いだろう。

ここの場合も、
趣味を始めた時から避けている。


特に近頃の製品は
DCC共用やら機能制御基板やら、
電気的にデリケート。

デジタル仕様は当然の事、
例え"アナログ仕様"の車輌であっても、
何が起こるか予測がつかない。


実際、親しくなった日本の方から、
不調についての相談を受けた事もある。

パワーパック変更で解決したケース、
チップ破損の深刻なケース、

経験は無駄にならないけれども、
トラブルは予め避けるに越した事無い。



"SX"、
輸出をやっているKatoの事だから
杞憂だとも思う。

だけれど、
"ガイシャ"をやっている以上、
"海の向こうの想定外"を予測し、
考え、避けてやらにゃなりません。



- じゃあ、お前はどうするの? -



とりあえず買い物ついでに・・・

画像


・・・予備を増やして置きました。



これでスタンダードSは5台、
しばらく大丈夫でしょうかね。


-----


とは書いたけれども、
正直、"SX"は凄く楽しみ。

このメーカーのフルチェンジした製品、
みんな良くなってそうだしね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

偶にはニホンの話を・・・ - Kato パワーパックスタンダード何某 - 奥行40cmの共和国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる